ラミクタールはてんかん治療に効果的な作用をもつ

ラミクタールは抗てんかん薬としてよく使われている薬です。また双極性障害、いわゆる躁うつ病の治療薬としても用いられます。
てんかんは脳神経を走る電気信号が異常に多くなることで起きる病気です。ラミクタールは神経のナトリウムチャネルを抑制し、興奮を静めることにより、てんかんの発作を抑える効果があるとされています。
ただし、躁うつ病に作用する理由はよく分かっていません。
ラミクタールは子供のてんかんにも効果的です。カシス風味の飲みやすい錠剤で、砕いてから水に溶かして飲むこともできます。
単独でも効果を発揮しますが、ほかの抗てんかん薬では十分な治療効果が見られないとき、それらと組み合わせて用いられることもあります。
多くの薬と飲み合わせがあり、併用する薬によって血中濃度が高くなったり低くなったりするため、慎重な処方が必要です。
ラミクタールには皮膚障害や眠気、吐き気などの副作用があり、死亡例も報告されています。
まず発疹が見られ、発熱や目の充血、むくみや粘膜のただれ等に進展します。
このような症状が出ることはめったにありませんが、発疹が出たらすぐに服用を中止し、医師に相談しなければなりません。
特に小児には副作用が出る可能性が高いと言われています。
ラミクタールは最初は少量を使用し、様子を見ながら少しずつ増量していくのが基本になります。
初めから大量に服用すると、皮膚障害を起こす危険が大きいので、医師の処方をきっちりと守る必要があります。
またてんかんは投薬を中止すると再発しやすいため、発作が出なくなっても、自分の判断で薬をやめるのは良いことではありません。この場合も医師と相談の上で、少しずつ減量していくことになります。

てんかん患者さんに対しての配慮の仕方

てんかんの患者さんにとって恐れていることはやはり差別です。
てんかんを持つ方による交通事故などがテレビで注目されるようになっている事や、精神疾患の範疇として取り扱う疾患なので、恐れられる傾向にあります。
しかし、本来てんかんは薬剤でコントロールできる疾患ですので、誤った理解から生じるものだといえます。
その誤った理解が進む事を防ぐには、てんかんを知る事が大切です。てんかんは、意識消失やけいれん、精神運動発作などを主要な症状として生じる症候群です。
非常に古くからある疾患で、カエサルらローマ帝国の時代には存在していました。
原因ははっきりしていない特発性てんかんと、脳の器質異常や脳出血などが原因となる症候性てんかんに分かれています。
疾患にかかる世代は乳幼児期から小児までに起きる小児てんかんと、大人のてんかんとされる思春期以降に起きるものがあります。また、脳梗塞などによって生じるものもあり、小児から老年期まで幅広い世代に起きるものといえます。
そのようなてんかんですが治療が可能です。その治療薬の一つとして、ラミクタールがあります。
この薬は脳のNaチャネルの活動を防ぐことで、てんかんに特異的なけいれん発作を防ぎます。ラミクタールは近年登場した薬ですが、ラミクタールのように新しい薬がどんどんと増えており、ますます治療が進むと言われています。
そのようなてんかんですが、薬によるコントロールが行われていればまず問題はありません。
ですから、特別に何かすることは余りありませんが、仮に大発作と呼ばれる意識消失などの現場に出くわした際は、顔を横に向け、舌を飲み込んでしまうことで生じる無呼吸状態を引き起こさないようにする事が大切です。
てんかん患者さんに対して行う配慮はこういった物があるという事を理解しましょう。

ラミクタールを使用する際の注意点や副作用

ラミクタールは、薬品名ラモトリギンと言い、抗てんかん薬として用いられています。
神経膜を安定させ、フェニトインやジアゼパムに比べて抗痙攣作用を示すことで多く処方されています。
他の抗てんかん薬などでの効果があまり認められない部分発作や強直間代発作に対して、抗てんかん薬との併用療法ができる効能・効果があります。
双極性障害の気分安定薬として、鬱病エピソードに効果があることも注目されています。ラミクタールを服用する際は、他の抗てんかん薬との併用・単体での使用によって投薬量が変わってきます。
バルプロ酸ナトリウムを併用する場合は、消失半減期が約2倍に延長したり、フェニトインやプリミドンなどのグルクロン酸胞合を誘導する薬剤と併用の際は血中濃度の低下が報告されています。
卵胞ホルモンや黄体ホルモンが含まれた経口避妊薬との併用でも血中濃度の低下がみられる場合があります。
重篤な副作用としては、高熱や全身倦怠感などの症状を伴って、全身に紅斑が表れるスティーブンス・ジョンソン症候群という皮膚粘膜眼症候群がみられる場合があり、敗血症などの合併症が起こるケースもあります。
さらには中毒性表皮壊死症に進行する可能性も生じます。死亡例もありますが、多くは医師の処方量・注意を守らず、皮膚障害が出た後も服用を止めることをせず、大量に飲み続けた場合です。
製剤は、小児用もありますが、さらに医師の注意を守り服用させることが重要です。
ラミクタールは、気分安定薬としても用いられることがありますので、服用量・時間の間隔をしっかり守らないと極度のうつ状態や興奮状態になることがあり、注意が必要です。
薬剤はどこでも服用できるように水なしで飲めるチュアブル錠となっています。